« グループ法人税制 | トップページ | 収穫の秋 »

2010年9月 8日 (水)

税理士業界のホント①


久しぶりのエントリーとなりました。

税務・監査業界に勤務されている方以外には馴染みが薄いかも知れませんが、大手税理士法人では「稼働率」という考え方があります。
私たちの仕事はタイムチャージベースでの請求が根本にあるため、どのクライアントのために何時間働いたか、というのを常に記録しておく必要があります。一日の労働時間が7.0hですから、月20営業日とすれば稼働時間は月7.0h x 20 days = 140時間が分母。
クライアントに請求する時間をこれで割ったものが「稼働率」で、私たちの業績評価の根本となるものです。

ご存じの通りTAXは決算に合わせて動く関係上、年が明けてから3月決算が終わる6月一杯までは稼働率は高止まりする傾向にあります。80%~100%を超える月も普通にあるくらい。お客様にチャージする時間以外に所内の業務や研修などもありますので、100%を超えてくると、ほとんど毎日残業をする羽目になります。

一方で、通常7-10月くらいまでは閑散期で、人によっては2,30%程度になってしまうことも。
(つまり、ほとんど働いてないってことですね)

自分の場合、7・8月の稼働率は65%程度。修正申告や源泉所得税に絡めての報酬規定のレビュー等の業務が何件か入ってきた関係で、2日に1日のペースで残業する生活で、ブログの更新も滞りがちになってしまったというわけです。

ま、タダの言い訳ですが。。

業界を希望する方の参考になれば幸いです。

|

« グループ法人税制 | トップページ | 収穫の秋 »

資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1310341/36612261

この記事へのトラックバック一覧です: 税理士業界のホント①:

« グループ法人税制 | トップページ | 収穫の秋 »