« グアム州でのUS CPA Certificate (その後) | トップページ | ミセス・ワタナベの行方 »

2010年7月30日 (金)

USCPAの日本受験について

先日Guam州でのCertificate取得についてエントリをしましたが、いろいろネットを彷徨っている内、US CPA試験の受験が来年から日本国内でも可能になる、という情報が目に入りました。

びっくり。おじさんよろしくそんな話は初耳でございました。

渡航費用・宿泊費用やらもろもろ含めると一回受験につき出費は10万円超。
これが国内であれば受験料のみで済むということで非常に大きいですね。日本の会計士試験は試験制度で揉めていますので、USの方に流れる人が出てくるかもしれません。というか、個人的には、今後の日本の経済やら国際競争力云々を考えるとUSCPAを取得した方が通用する場面は多いかも知れませんね。

、、、
個人的なことで言えば、2010年中に一度受験に行こうと考えていたので、非常に悩ましいところです。
来年以降になるとFARはIFRSが入ってきますし、BECにはsumilationが入ってきます。
金銭的・スケジュール的にラクはラクですが、改正点への対応も求められることに。一長一短とはこのことか。

詳しくはこちらをどうぞ↓
http://www.cpa-tac.com/us/news/news100716_2.html

http://www.atmarkit.co.jp/news/201007/16/uscpa.html

|

« グアム州でのUS CPA Certificate (その後) | トップページ | ミセス・ワタナベの行方 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1310341/35957574

この記事へのトラックバック一覧です: USCPAの日本受験について:

« グアム州でのUS CPA Certificate (その後) | トップページ | ミセス・ワタナベの行方 »