« 日税連の税制改正建議書 | トップページ | iPhone4が »

2010年7月 5日 (月)

最近の読書

そういえば最近書籍のレビューをアップしていませんが、読書そのものはほそぼそと続いております。
最近読んだ本と言えば、

『夢をかなえるゾウ』
これ、一昨年にドラマ化もされましたね。時代遅れの感がありますが、今頃の読了。
「成功の秘訣」は誰もが知りたいこと。書かれているのは本当に簡単なことばかりのように思えますが、意外とできてないこと、多いんですよねぇ。余計なひと言ですが、著者の水野さんは自分の同輩(先輩)に当たる方でした。こんな卒業生もあの大学に居るんですね。びっくり。

『理由』
宮部みゆき著の直木賞受賞作。
Vのドキュメンタリー作品をそのまま本に起こしたという感じで、構成勝ちの作品。都会に独り暮らし経験のある方なら共感できる場面が多いかも知れませんね。自分はあまりのめり込めなかったですが。

『ニッポン・サバイバル』
姜 尚 中 著。
TVで良く姿を見かけるけれども、あまり彼のバックグラウンド的なものを知らないなぁと思い、BookOffにて購入。
特に新鮮な視点があるわけでも、奇をてらった表現があるわけでもないですが、新書を出しまくる会計士出身のカリスマ?女性の書籍よりはよほど読みやすかったです。

『ワーキングプア』
門倉 貴史 著。
これもBookOffにて購入。キャリア環境・労働環境系の本は結構呼んでいますが、これは係数的な分析と論考がちょうどよいバランスで描かれていてなかなか説得力があります。章ごとに一般の方からの意見・コラムが載せられていて、自分の環境との比較、著者の論考を当てはめる上でも参考に。ただ、こういう本ばかり読んでいると、この国の将来に対して鬱屈が募る一方。。。でもアジアに根ざすニッポンには、明るい未来が待っているハズだと信じています。そして勿論、信じるだけじゃダメ。何事も行動しなければいけません。政治面や制度面でもセーフティネットや女性の働きやすい職場づくりなど、いろいろ取り組んで行かなければなりません。まずは、今週末の参院選に投票に行くことから始めましょう。

『人は見た目が9割』
Amazonなどではけちょんけちょんに辛口なコメントを残されていますが、個人的にはこの中では一番良かった一冊。
タイトルは確かに中身に対してパンチが過ぎると思いますが、正直、日本社会ほど見た目が影響力を持つ国もそうそうないでしょう。いい意味でも悪い意味でも。

新しい視点はさほどありませんでしたが、ノンバーバルコミュニケーションの重要性を説明する「角度」は面白かったです。例えば、マンガがコマ割りの使い方で、読み手に与える印象をどう変わるか、ですとか。あとは、首都東京との心理的距離を日本地図上に表した統計のくだりは、個人的には一番のヒット。この章だけでも、700円分の価値はありました。
因みに著者の竹内一郎さんは「哲也-雀聖と呼ばれた男」の原作者でもあります。哲也が久しぶりに読みたくなりますねぇ。

|

« 日税連の税制改正建議書 | トップページ | iPhone4が »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1310341/35645332

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の読書:

« 日税連の税制改正建議書 | トップページ | iPhone4が »