« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月30日 (金)

USCPAの日本受験について

先日Guam州でのCertificate取得についてエントリをしましたが、いろいろネットを彷徨っている内、US CPA試験の受験が来年から日本国内でも可能になる、という情報が目に入りました。

びっくり。おじさんよろしくそんな話は初耳でございました。

渡航費用・宿泊費用やらもろもろ含めると一回受験につき出費は10万円超。
これが国内であれば受験料のみで済むということで非常に大きいですね。日本の会計士試験は試験制度で揉めていますので、USの方に流れる人が出てくるかもしれません。というか、個人的には、今後の日本の経済やら国際競争力云々を考えるとUSCPAを取得した方が通用する場面は多いかも知れませんね。

、、、
個人的なことで言えば、2010年中に一度受験に行こうと考えていたので、非常に悩ましいところです。
来年以降になるとFARはIFRSが入ってきますし、BECにはsumilationが入ってきます。
金銭的・スケジュール的にラクはラクですが、改正点への対応も求められることに。一長一短とはこのことか。

詳しくはこちらをどうぞ↓
http://www.cpa-tac.com/us/news/news100716_2.html

http://www.atmarkit.co.jp/news/201007/16/uscpa.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

グアム州でのUS CPA Certificate (その後)

以前のエントリでグアム州でのグアム州でのUS CPA Certificate取得の要件が厳しくなるという案内をしましたが、ちょうど昨日、TACからグアム州での受験に関する最終的な案内が届きました。

転載に問題がないとは言い切れませんが、まだウェブ等にも掲載されていないようですので、参考までにアップさせていただきます。
(※問題が生じた場合、削除する可能性もありますが)

========================================

2010年7月21日 受講生各位

TAC米国公認会計士講座より、グアムTransfer、およびUSCPA本試験・日本受験実施予定について、
ご案内させていただきます。


≪グアムTransferについて≫
TACでは、他州合格後の単位取得によるグアムへのTransferが認められなくなる件につきまして
グアム会計士委員会に意見書を提出し、猶予期間を設けるよう度重なる交渉を続けておりました。
ですが、2010年7月15日に開催された現地ミーティングの結果、非常に残念ながら
いかなる猶予措置も認めないとBoardは決定した、との回答がございました。

この決定により、先日ご案内いたしましたとおり、
①すでに他州で(科目)合格をされていて、グアムの単位要件を満たしていない方は
合格後のTransfer不可
②他州出願中で初回受験前の方は、初回受験までにグアムの単位要件を満たすことができれば
合格後のTransfer可
ということが事実上確定いたしました。

なお、②の状況に当てはまる方で初回受験までに全必要単位の取得を希望される方は、
詳細を伺った上で個別の単位取得スケジュール調整を検討させていただきますので、
お早めにTAC米国公認会計士講座までご連絡ください。


≪USCPA本試験・日本受験実施予定について≫
2010年7月16日付の受講生サイト新着情報でもお知らせしておりますとおり、
現在、日本国内でもUSCPA本試験の受験が可能となるよう調整が進められております。

◆実施予定:2011年半ばより(予定)
※1年のうち2月・5月・8月・11月の年4回実施予定
◆会場  :東京・横浜・大阪のプロメトリックセンター計4箇所100席程度(予定)
◆費用  :未定
◆日本在住であれば、日本人以外でも受験は可能(観光ビザによる外国人の来日受験は不可)
◆日本会場での受験者にはLicenseを取得することが強く推奨され、受験の際に
「3年以内にLicenseを取得する」という条項に同意することが求められます。

※4科目合格者は、4科目のうち1科目でも日本で受験をすると、合格者Databaseに氏名が登録されます。
※4科目合格後3年以内にLicenseを取得しない場合は、Databaseから登録がなくなります。
※但し、合格実績はDatabaseから登録がなくなった後も有効です。
※合格後3年以上経過後も、実務経験を積んで申請をすればLicense取得も可能です。

上記事項が、2010年7月16日に東京にて開催されたAICPA(米国公認会計士協会)ミーティングで公表された内容です。
変更・追加情報があり次第、受講生サイト等でお知らせいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

「平成22年度税制改正の解説」

財務省から、「平成22年度税制改正の解説」が公表されています。

http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/kaisetsu22/index.html

非常によくまとまっている、と紹介してくださっていたブログもあったようですが、エントリした方、ホントに中まで読んだんですかねぇ?

個人的には以前ご紹介した、、国税庁からの改正概要の方が判りやすくて良かったかな、と感じました。

http://homes-zeirishi.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-3f6e.html

ただ、今回の解説には、改正前の取り扱いや、新しい制度の基での計算方法や宥恕規定など、かなり細かい点にまで突っ込んで解説を加えてくれている点が助かります。

他の資料、書籍等で概要を掴みつつ、細かい点で「?」が付いたときに参照する資料として有効活用させていただくつもりでいます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

iPhone4が

届きました。

七夕のプレゼントではないですが、11年連れ添ったauからの転出。別れはいつも辛いものですけど、新しい出会いのためには必要な別れもあります。(なんじゃそりゃ)

Phone

さてiPhone4

自分は初めてのiPhone、というか初めてのMac製品がiPhone4なので、既存の製品との違いはあんまり判りません。
でも、これ、素晴らしいです。

お持ちの方は知ってるでしょうけれど、電話を「携帯」しているというより、パソコンに通信機能がくっついた端末を携帯しているイメージ。アプリは色々拡張できるし、メモとして使ったり、画像やら名刺やらを取り込んだり、自分の足りないキャパを補ってくれる、外付けのハードディスクが出来たような感じがします。

ひとまず、自分がやったのは、
① iPhone上のカレンダーと、会社Outlookのカレンダーの同期
↓のページが参考になります。iPhoneのExchangeと会社Outlookの間にGoogle Calendarをかませて、2wayで同期するイメージです。
http://digicool.org/wp/?p=1295

② 自宅の無線LANとつなげる
WEP以外にMAC制限も掛けているんですが、iPhoneのMACアドレスが最初判らずに意外と苦労しました。
トップから、「設定→一般→情報」と進むと出て来ます。

③ SBrowerのダウンロード
これ、意外に役立ちます!

iPhoneを使ってると、フラッシュが使えない+携帯端末用のサイトにアクセス出来ないため、結果的に締めだしを食うサイトも多いはず。このアプリを使うと、さもsoftbankケータイを使ってモバイルサイトにアクセスしているかのように「偽装」してくれるんです。


まだまだ拡張できる機能はいろいろあるはず。
こんなにわくわくする製品は久しぶりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

最近の読書

そういえば最近書籍のレビューをアップしていませんが、読書そのものはほそぼそと続いております。
最近読んだ本と言えば、

『夢をかなえるゾウ』
これ、一昨年にドラマ化もされましたね。時代遅れの感がありますが、今頃の読了。
「成功の秘訣」は誰もが知りたいこと。書かれているのは本当に簡単なことばかりのように思えますが、意外とできてないこと、多いんですよねぇ。余計なひと言ですが、著者の水野さんは自分の同輩(先輩)に当たる方でした。こんな卒業生もあの大学に居るんですね。びっくり。

『理由』
宮部みゆき著の直木賞受賞作。
Vのドキュメンタリー作品をそのまま本に起こしたという感じで、構成勝ちの作品。都会に独り暮らし経験のある方なら共感できる場面が多いかも知れませんね。自分はあまりのめり込めなかったですが。

『ニッポン・サバイバル』
姜 尚 中 著。
TVで良く姿を見かけるけれども、あまり彼のバックグラウンド的なものを知らないなぁと思い、BookOffにて購入。
特に新鮮な視点があるわけでも、奇をてらった表現があるわけでもないですが、新書を出しまくる会計士出身のカリスマ?女性の書籍よりはよほど読みやすかったです。

『ワーキングプア』
門倉 貴史 著。
これもBookOffにて購入。キャリア環境・労働環境系の本は結構呼んでいますが、これは係数的な分析と論考がちょうどよいバランスで描かれていてなかなか説得力があります。章ごとに一般の方からの意見・コラムが載せられていて、自分の環境との比較、著者の論考を当てはめる上でも参考に。ただ、こういう本ばかり読んでいると、この国の将来に対して鬱屈が募る一方。。。でもアジアに根ざすニッポンには、明るい未来が待っているハズだと信じています。そして勿論、信じるだけじゃダメ。何事も行動しなければいけません。政治面や制度面でもセーフティネットや女性の働きやすい職場づくりなど、いろいろ取り組んで行かなければなりません。まずは、今週末の参院選に投票に行くことから始めましょう。

『人は見た目が9割』
Amazonなどではけちょんけちょんに辛口なコメントを残されていますが、個人的にはこの中では一番良かった一冊。
タイトルは確かに中身に対してパンチが過ぎると思いますが、正直、日本社会ほど見た目が影響力を持つ国もそうそうないでしょう。いい意味でも悪い意味でも。

新しい視点はさほどありませんでしたが、ノンバーバルコミュニケーションの重要性を説明する「角度」は面白かったです。例えば、マンガがコマ割りの使い方で、読み手に与える印象をどう変わるか、ですとか。あとは、首都東京との心理的距離を日本地図上に表した統計のくだりは、個人的には一番のヒット。この章だけでも、700円分の価値はありました。
因みに著者の竹内一郎さんは「哲也-雀聖と呼ばれた男」の原作者でもあります。哲也が久しぶりに読みたくなりますねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »