« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月28日 (金)

国税庁から確定申告の状況が発表されています


今週明けに発表された国税庁のプレスリリースによると、2009年分所得税等の確定申告状況によると、所得税の確定申告書を提出した人は、過去最高だった前年を0.1%下回る2367万4千人となり、1998年分以来11年ぶりに減少だったそうです。所得税の申告納税額は、前年を14.2%下回る2兆2725億円と、5年ぶりに減少した前年に引き続いての減少。

その一方で還付申告者数は、前年を1.2%上回る1299万3千人となり、5年連続で過去最高を更新、申告者全体の約55%を占めています。

以前確定申告のエントリの際にも触れた通り、個人納税者の9割を占める給与所得者については、申告書を提出すれば還付になるような方がほとんどでしょうから、申告者全体に占める割合が高くなること自体には驚きはありません。

(月々の徴収税額が少し大目に取られているため。英語の確定申告書が”Tax Return”と呼ばれる所以ですね。)

、、、
しかし、国全体のプライマリーバランスを考えると、先行きに不安を感じざるを得ません。

国の歳入はおよそ85-90兆円程度、そのうち税収は6割弱程度です(H21年度予算ベースでは約47兆円)
税収のうち最大の収入税が所得税で約15.5兆円、つづいて法人税10兆、消費税10兆、その他が10兆円というような構成になっています。

つまり所得税の税収が落ち込むと、それだけ歳入に対するインパクトも大きい。
年税額ベースではどの程度の落ち込みになるのかはわかりませんが、仮に申告納税額と同じ14%程度の落ち込みの場合、15.5兆円 x 14% = 約2兆円の歳入減につながります。
一方で、景気が悪くなっても歳出は簡単には減りませんから、このしわ寄せが国債発行、という形で将来債務となって自分たちの老後・将来世代に掛かってしまうわけです。。。

あまり考えても暗い気持ちになってしまいますが、やはり国家が成熟して所得税目の収入増加が見込めない以上、できるだけ早い段階で、景気変動の影響を受けにくい消費課税の方向にシフトしていく必要があるのではないでしょうか。産業活性化の意味合いだけでなく、財政面でのリスクコントロールにもつながるはずです。

勿論、メディア / 一般市民からの反発はものすごいものがあるでしょうが、今のうちから手を打たないと本当に取り返しのつかないことになる気がしてなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

税理士登録申請の結果とか

前回の更新から、あっという間に2週間が経過していました。
3月決算の申告書作成が立て込んでいたことがその理由で、その作業も見込み時の税額計算が終わってようやく一段落、といった感じです。

今期変わったものとしては、連結初年度のみなし事業年度の申告と、公益法人系の消費税の特定収入の申告担当がいくつかあり、とても勉強になりました。

どちらも延長があるため、まだ気は抜けませんが、そのうち業務を特定されない程度にネタをアップしていきたいと思っています。

、、、
ところで、昨日ようやく税理士会から登録決定の通知が届きました。


Zeirhisi_2

1月に申請を出していたので、本来であれば登録は3月のはず。
遅れたのは、「職務経歴に疑義あり」とされたためで、追加の呼び出し&書類提出を求められました。

と言っても別に怪しいことをしているわけでは全くなく、前職(証券会社)での経理の経験を、登録に必要な業務経験(=通算2年以上)として申請したため。

「職務概況説明書」なるものを別添し、さらに前職の部門長(会計士)の方のサインまで頂いたにも関わらず、経理・税務での業務経験の妥当性?について、協会から色々とご指導を頂きました。

一般事業会社での経験で登録申請をしようという方、覚悟しておいてくださいね。苦笑


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

FX規制とか


▼最近外為市場のボラが高止まりしてますね。

自分も少しばかりFXをやっていますが、マーケットリスク、ソブリンリスクが台頭している相場ではチャートはあまり役に立ちません。ボラが高い分リスクは高いですが、相場が大きく動いたときは必ず振り戻しが起こります。底をある程度見極めることができれば、プロのように相場に張り付いていなくとも利益を上げることが十分可能です。

EU共同基金設立で最悪シナリオは回避したかに見えますが、個人的には夏場くらいまでにもう1,2度、波乱があると考えています。直近では、月内に償還を迎える約1兆円のギリシャ国債が最大の関心事です。

▼ところで先日ブログをさまよっている最中、「子育てママのFX」本で有名になられた鳥居万友美さんのblogでこんな記事を目にしました。

FX業者の事業譲渡廃業等

記事によると、鳥居さんがまとめられただけで09年中に廃業等したFX業者は22社。
ご存じのように、取引証拠金は分別管理。なので一部の悪徳な業者を除いては、廃業等によって預けた資産が返還されないということはありません。
しかし業者が廃業等に至った場合、ポジションは強制決済に至ることが多い模様。

意図せずしてポジションの未実現損益がrealizeするというのは、ひとつのリスクとして押さえてある必要があると思います。
(因みに税務上、現在のところ金融商品については全て実現ベースで課税されています。FXはクリック365なら雑所得で15%・5%の分離課税、それ以外は雑所得で総合課税ですね)

逆に、事業譲渡があった場合には、引き継ぎ先事業者にポジションもそのまま引き継がれることが多いようです。
(決済しちゃうと、「この際大手に預け替えよう」なんて考えるお客さんが多いでしょうしね。最近よく「お金も大事プラン~」とCMに銘打っているDMM.fxなんかは事業譲渡を受けた口です)

利用者の立場からすれば、多少規模が小さくともスプレッドは少ない方が取引メリットは大きい。
逆に会社の立場からすれば、スプレッドが小さいほど口銭が減るので収益メリットが小さい。

そういえば昨年はFX業者に対する規制がさかんに叫ばれていましたが、民主党政権になってからは郵政やら、ダムやら普天間やらの影に隠れて?しまってめっきり。

記憶が確かなら、今年の夏くらいからレバレッジ規制が強化されるはずですが、あんまり話題に上ってこないですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

USCPA出願手続き

3月25日のブログでUSCPAの勉強を始めた旨のエントリをしましたが、今日はその後の進捗についてです。

▼勉強の進み具合
現在FARⅡを勉強中。

開始一カ月半で、講義通算で22回目まで消化。
通学のペースが月10コマ(=週2 x 5週)くらいなので、ほぼ倍のペースです。

ただ、判ってはいたことですが、会計学は独学でも行けたかな、と。
税理士試験と比べると、レベルは落ちます。

英語が出来て、会計の基礎がある(+最重要:意思の強い方!!)人なら自習でも合格は可能でしょう。
受かっていないのであんまり大きなことは言えないですが!

▼出願手続きについて
現在FACS(学歴審査機関)に、日本の大学で取得した単位がどの程度アメリカの単位として認められるかを審査依頼中。
GW前に、ちょうどこんなメールが届きました。

---------------------------------------------------------
Dear Applicant:

Your request for an evaluation was received on April 16. The current processing time is 4-6 weeks from this date. If additional information is required, the evaluation staff will contact you. When the evaluation is completed, the original evaluation will be sent to the state you requested and a copy will be sent to you.

Foreign Academic Credential Services, Inc.
---------------------------------------------------------


アメリカだけあって、書類を送っても素知らぬ振りかと思っていたら、意外と親切なメールにひとまず安心。
審査には(なぜか)6週間もかかるんですね。。。審査料金が100ドルですから、実質1-2hで判断しているでしょうが。

▼ところで、このUSCPA試験ですが、ご存じの方も多い通り、2011年度の試験より2点ほど大きな変更があります。
http://www.cpa-tac.com/us/gaiyo/guiyo01_02.shtml

一つが、BEC(経営)の試験においてwritten communication、つまり筆記の項目が追加されること。
そしてもうひとつが、IFRSに関する出題が含まれるようになる、ということです。

これらの変更があってか、現在の資格予備校の売り文句は「USCPAの勉強開始なら2010年中がおススメ」です。
釣られて申し込んだのが、自分のようなヒマ人、ということになるのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

ゴールデンウィーク

GWも終わっちゃいましたねぇ。

前職は米国のcalendarで動く職場だったため、社会に出てからGWを休んだのは初めてのことでした。

学生時代の友人と一緒に行方定めぬドライブへ。

神奈川から御殿場・富士五湖を経由して、諏訪まで行ってきました。

1000円高速はどうだったかって?

いえいえ。

ホンダLifeにはETCもカーナビもなし。
高速を尻目に、ひたすらイニシャルDしてきました!

写真は長野の河沿いで見つけた鯉のぼりたち。

車ほどもある大きな鯉、鯉、鯉。川面一面が鯉だらけ。

どうやって張るんでしょうねぇ。

Ts2d0121


そうそう。それから国道152号線を攻める途中、こんな所に立ち寄りました(いや、興味があったわけではなくたまたまですが)。

自分はああいうところにいったのは初めてだったんですが、一車線しかない山道に、バイクやらマイカーやら、マイクロバスまでがずらり。GWということでイベントでもあったらしく、地場の近くの川沿いにテントが貼られ、ステージ、客席まで設けられて一種異様な光景に。
挙句、152号がマイクロバスにふさがれてしまって通行止めをくらいました。(諦めて引き返しましたが、あの分だと多分警察沙汰になったことでしょう)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »