« 日本IBM社4000億円申告漏れ | トップページ | 『金融腐敗列島』 »

2010年3月25日 (木)

税理士登録面談とか

今日は近況報告を2つほど。

① 税理士登録手続きその後

先日税理士会の審査面談に行ってきました。

年輩の支部長1名、副支部長2名の合計3名との面談。

聞かれることは手続き的なことばかりで、審査そのものは至って簡単。
大手法人に勤務しているので、「職歴がきれいですね」。この一言でほぼ、終了です。(あんなに一杯書類書いたのにと思う一方、大手法人のせめてもの特権か、とも。)

耳より情報としては、税理士法の翌年改正により、現在税理士法人に勤務する「補助税理士」という名称はなくなるそうです。
それに代えて新設されるのが「専任税理士」。大きな変更点として、従来勤務税理士は代表社員の署名押印のもとにクライアントにサービス提供していましたが、改正後は「専任税理士」のハンコでも税理士業務が行えるうようになるらしいです。

ただ、大手に限って言えば、契約をクライアント毎に専任税理士と結ばせるなんていう(クーデターまがいの)行動を取らせるはずもなく、影響は中小法人や独立採算型の専門型ファームに限られる気がします。


② ①を区切りに

米国公認会計士の勉強を開始しました。

理由は
1.監査方面での経験も今後視野に入れていること 
2.前職のUS GAAPの経験の体系整理 
3.キャリアヘッジ
4.夏場のヒマつぶし(笑) 

など、上げれば切りがありません。

講座代金で40数万円、渡航費用や事務費用も含めると、およそ100万円ほどの出費を見込んでいます。正直痛いですが、それ以上のリターンを期待しての投資と割り切ることにしました。人生、一生勉強ですからね♪

Ts2d0102


|

« 日本IBM社4000億円申告漏れ | トップページ | 『金融腐敗列島』 »

私生活いろいろ」カテゴリの記事

資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1310341/33926934

この記事へのトラックバック一覧です: 税理士登録面談とか:

« 日本IBM社4000億円申告漏れ | トップページ | 『金融腐敗列島』 »