« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月26日 (金)

真央ちゃんお疲れ様

ごぶさたしています。

税金おじさんほーむずです。

2月は今日まで週末も含めて休み一日、完全徹夜2回、
終電になること数え切れず、、、(というか、終電以外で帰ったこと、ほぼなし)
といった殺人的スケジュールでした。

結果的に、事前にある程度予想されたこととはいえ、ブログから遠ざかってしまいました。。


これからまた、徐々に復活していくつもりです。
末長く宜しくお願いします。

、、、、
さて、今日は久しぶりにこの時間に帰宅して、フィギュアのフリーのVを観ていました。
キム・ヨナ、浅田真央選手、それぞれ本当に素晴らしい演技でしたね!

素人の自分には点差が開きすぎだとか、採点方法がどうだ、ジャッジがどうだといったことはよく判りませんが、真央ちゃんの演技後のインタビューには、本当に胸打たれました。


(レポーター)「演技前、キム選手を待つ間音楽を聴かれていましたが、どんなことを考えていたんですか?」

(真央選手)「自分のできることは全てできたので、、、悔しいけれど」

(レポーター)「この4年間を振り返ってどんなことが思い浮かびますか?」

(真央選手)「トリプルアクセルを2回跳べたことはよかったですが、それだけです。全然納得出来ていない」


一言一句は記憶していませんが、こういった内容のやりとりでした。

レポーターとしての彼に与えられた、残酷だけれどもまっとうな質問と、その趣旨とは大分ずれた真央ちゃんの回答のやりとり。

でも、真央ちゃんは、質問の趣旨をとらえ違えているのでも、言うべきことを言って早く場から立ち去りたいというのでもなくて、自分のできる限りの気丈さで、結果を受けとめよう、消化しようと努力していたように見えました。

19歳の彼女に、4年間という歳月と、そして4分間という演技時間、そして、出すべきものを出しきれずに終わったこの結果は残酷に移りました。

例えそれが、銀メダルというバンクーバー五輪における日本人選手最高の成績だったとしても、です。


心から言ってあげたいです。


「お疲れ様」

「感動をありがとう」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

バレンタイン


は皆様いかがお過ごしでしたか?

自分は豊洲の友人宅にてバレンタイン&シャンパンパーティーに出席。

その後、別の友人からもチョコを頂きました。
職場で封を切ったところ、 デカダンス ドュ ショコラのチョコに交じってリポ○が2本。

Cyoko


チョコよりもこっちのほうが体は欲してたりして。。。
さて、今週も頑張るとしましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

【備忘】2月の税務スケジュール

こんにちは。
税金おじさんほーむずです。

今日は2月の税務関連のスケジュールアップです。
(今更かよって突っ込みを受けてしまいそうですが、、)

2月1日  ⇒償却資産税・法定調書提出期限
2月10日 ⇒ 源泉所得税・住民税特別徴収分の納付(1月分)
⇒ 固定資産税第4期分の納付(市町村の条例で定める日まで)
⇒ 贈与税の申告(2月1日~3月15日)
⇒ 所得税の確定申告(2月16日~3月15日)
⇒ 所得税総収入金額報告書の提出(3月15日まで)
⇒ 所得税確定損失申告書の提出(3月15日まで)
⇒ 所得税確定申告税額の延納届出書提出(3月15日まで)
⇒ 前年の所得税申告に関する更正の請求(3月15日まで)


さて、これからいよいよ確定申告の期限が始まりますね。

自分もExpatsの申告を一部担当していますが、今年は不況のあおりで帰国された方が多いようです。
そういった方は、既に出国時に準確定申告書を提出済み。

とは言っても、Expatsは基本、日本の税金を会社が負担しているので(所得税法上は会社負担の税金相当額は給与としてしています)、出国年の年税額を最後にGross upして、再度確定申告する必要があります。

なので、ラクになるのは結局来年以降。
、、、、頑張りましょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

『できるビジネスマンのための「本当に使える」勉強法』

こんにちは。
税金おじさんほーむずです。

最近だんだんブログの更新頻度が落ちて来ました。
そして(なぜか?)税金の話題が減って、書評やビジネスネタが増える結果に。

税金ネタが尽きたわけでも、私生活では税金に触れたくなくなったわけでもありませんが、
しばらくはこんな形のアップが続きそうです。

さて、今日紹介するのは『できるビジネスマンのための「本当に使える」勉強法』という著書。

書店のベストセラーコーナーに平積みされていたのを気になって手に取ってみました。
内容はAmazonさんでの書評で皆さんおっしゃっているとおり、突っ込みどころ満載。


著書のキャリアアップ研究会さんは流行りの勉強法について総じて否定的なようで、「マインドマップ」や「フォトリーディング」などの勉強法は「無駄」の一言で一刀両断。

最近恐ろしいスピードでメディア露出を続ける勝間和代さんに至っては、「既存の方法を否定するが、肝心の取るべき勉強法、読書法についてのアドバイスに欠ける。著者の印税目当ての出版では?」といった口調で全否定します。

(まぁおっしゃることは一部正しいとは思いますが。苦笑)

、、、
辛辣な評価を受けているこの本ですが、多くの方の勉強法や著書が紹介されているという点では参考になります。

結局勉強法は人それぞれ。
色々な方法に触れ、実践してその中から自分にあったものを“オリジナル”にしていけばよいわけですから。

こういった勉強法のための勉強本を読んで、マイナス要素も考慮した上で興味を持った方法の著書を手に取ってみる、という入口もありだと思います。

因みにアマゾンで「勉強法」をキーワードに検索してみたところ、何とHitが1,595件!!!

これだけ見ても、勉強に王道もなければショートカットもできないということが判りますね♪

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010年2月 2日 (火)

被災地ハイチからの連絡


こんにちは。
税金おじさんほーむずです。

最近は申告書作成業務でてんてこまいな毎日を送っていますが、

そんな中、先日当ブログでも紹介した国際協力NGOのハイチ事務所から、現地スタッフの無事を告げる連絡が届きました。

本当は個人情報ですのでこういった場に先方への知らせなしに掲載するのは良くないのかも知れませんが、
現地の生の声ほど、私たちの心に訴えるものもないと思いますので転載することにします。

以下、1月26日に、現地オフィスの代表からきた最新のメールです。
日本語訳ですのでニュアンスの違いはご勘弁ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ハイチを襲った恐ろしい破壊的な地震の後、皆さんが私とスタッフに送ってくださった、サポートの想いと思いやりに溢れたメッセージに心から感謝します。

3つのメッセージを皆さんから頂きましたが、地震後、ハイチではインターネットシステムが停止しています。このため、インターネットにアクセスするのは非常に難しく、何とかインターネットにアクセスしてe-mailを皆さんに送るために、私は米国人の医師が経営している私の妻のオフィスに行かざるを得なかったのです。皆さんに近々、センターとオフィスの写真を送ります。1月12日から電気は一切停止しています。

約215,000人の方が亡くなりました。そのほとんどは、その日の午後、大学に行っていた大学生でした。幸いにも、スタッフは全員生きています。保健センターは地震による揺れで、壁の70%が地震のため倒壊しました。人々は家の中で働くことができません。そして1階より2階のほうが大きいため、センターはゆっくりと地面に沈み込んでいっています。

私のオフィスも、災害により50%ほどひどく損傷を受けましたが、エンジニアによるとコンクリートの屋根は被害を受けておらず、壁は全部修繕するほうがよいということで、大きな修理はしなくて済みそうです。私達はおそらく2月末には家屋の中で働き始められるでしょう。

今はまだ、毎日ポルトープランスでは弱い余震が続いており、専門家によれば地震は後1ヶ月以上続くだろうということです。人々はみな、破損した屋根が落ちてきて怪我をしたり命の危険にさらされたりしないように、屋外で寝起きしています。今のところ、私たちはセンター近くの路上で働こうと考えています。しかし、人々にケアを提供するために非常に需要のある可動性のシェルターがない状態です。首都や店舗が損壊してしまい、シェルターを購入することは簡単ではありません。

幾つかのNGOが家のない方々のために提供を開始しています。銀行のほとんどが稼動し始めましたが、サービスを受けるまでに5時間以上待たなければならないという悪条件にあります。私の家族と家が皆無事であることを神に感謝します。しかし、多くのスタッフの家は大きな被害を受けています。

皆さんのお見舞いのメッセージ本当にありがとうございます。
皆様に心から感謝をこめて

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私たちにできることは、支援団体に対する寄付や、派遣される自衛隊の安全や活躍を祈ることなど、小さなことしかないのかも知れません。

ですが、一人ひとりの小さな積み重ねが降り積もれば、きっと大きな岩も砕いてしまうくらいの力が生まれると思います。

ブログ右バナーの「書き損じハガキ回収キャンペーン」継続中。
関心を持たれた方、ご協力お願いします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

『Norweigian wood(ノルウェイの森)』

今日紹介するのは村上春樹著の『ノルウェイの森』の英訳版、
『Norweigian Wood』

言わずと知れた村上文学の代表作。

私自身、日本語版も合わせると、かれこれ十数回くらい読み込んでいます。

ノーベル文学賞候補の著書が世界でどう読まれているのか、そして彼のその平易ですが独特の言い回しが英語ではどう表現されるのか。

英訳版はそんな視点で読んでみるのもお勧めです。

(amazonへは、右側の「お気に入り」リンクからどうぞ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »