« 忘年会費は交際費となるか?① | トップページ | 『孤独の歌声』 »

2010年1月 8日 (金)

忘年会費は交際費となるか?②


おはようございます

さて、
本日のお題は昨日の持ち越しになっていた

忘年会費は交際費となるか

についてです


回答;
忘年会費は福利厚生費に該当するものとして取り扱って差し支えないと考えられます


理由
特定の使用人等を対象としたものでなく、役員及び使用人全員を対象としているレクリエーションであれば、
通常認められる費用については、
福利厚生費として認められると考えられます。
今回の忘年会は社会通念上一般的に行われている社内行事ですし、
金額についても、実際の発生顎7,500円のうち3,500円を個人負担としていることから、
会社負担の4,000円については、福利厚生費として処理して差し支えないと考えます


ただし、第61-4④に「前項の規定は、財務省令で定める書類を保存している場合に限り、適用する」とあることから、この忘年会費等に係る領収証、参加者リスト等が判る書類を保存しておくように気をつけてくださいね!

今日が終わると3連休。
休みボケの強制スタートで疲れ切った頭には
いいインターバルですね

残り一日、頑張りましょう!

|

« 忘年会費は交際費となるか?① | トップページ | 『孤独の歌声』 »

法人税」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1310341/32904074

この記事へのトラックバック一覧です: 忘年会費は交際費となるか?②:

« 忘年会費は交際費となるか?① | トップページ | 『孤独の歌声』 »