« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月26日 (火)

TAC税理士講座のセミナー講師を勤めてきました


みなさんこんにちは。
税金おじさん ほーむずです。

さて先日土曜日、税理士試験でお世話になった資格の予備校TACにて
受験生向けのセミナー講師を担当してきました。

題目は「合格者が語る私の合格までの軌跡」

受験歴や、仕事と資格試験の両立方法、合格マル秘(?)テクニックなどを一時間ほど喋らせていただきました

前職証券会社でも、会社セミナーや採用活動などで人前で話すことの多かった自分。
話が進むにつれ、つい熱っぽく語ってしまいました。
何事でも、目標を持っていること、そしてそれに向かって努力する姿っていいものですね。

ちなみに報酬もしっかりいただきました。
繁忙期中に頑張った自分への、ささやかな副収入です♪


、、、
因みに税金の小ネタをひとつ。

単発のアルバイトなどでいただく謝礼金の額面って、xx,111やxx,555など、
1並び、5並びの数字が不思議と多いナーなんて感じた方、いませんか?

これは報酬や謝礼金の源泉徴収が10%になっているため
(所法174、204他)

つまり11,111円が謝礼金であれば、源泉税額は11,111 x 10% = 1,111円
手取りが1万円になって、支払もラク。受け取る方もきりのいい数字でハッピーになる、というわけです。

さて、今日も仕事頑張りましょう!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

会社の品格


こんにちは。
税金おじさんほーむずです。

今週の一冊は、小笹芳央著の「会社の品格」

書店で手に取った際は~の品格シリーズへの便乗か?、と思ってしまいましたが、新卒時代の会社の研修でお世話になった、リンクアンドモチベーション社長の小笹さんが著者と知って手にとったのが大当たり。


「相互拘束」から「相互選択」へと、会社と働く人との関係が変わってきた時代の変化を踏まえて、会社の視点からは「選ばれる会社」にならなければ生き残れないとし、

一方で個人のキャリア形成の観点からは、自分をひとつの株式会社に見立てて、自分を時間という資本を投下する「アイカンパニー」(=自分株式会社)であるという視点を持つことを薦めるなど、

非常に気付きの多い本でした。
会社経営者や広報担当の方だけでなく、一人ひとりの社会人にとっておススメの良書です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

ゴールドマンサックス過去最高益


今日の日経金融欄にゴールドマンサックスが09年10~12月期決算で約4500億円の純利益と4四半期連続の黒字決算となり、四半期ベースでの過去最高益を更新したとありました。

記事詳細はこちら

私も前職で外資証券会社にいましたが、
業界にあってもやはりゴールドマンは文字通りの「別格」。
いわく、勤めるものにも ’We are Goldman!!’ という自負があるそうです。

、、、
因みに私が過去在職した証券はリーマンショック来、

3四半期前はFAS159導入による負債評価益
2四半期期前はReserveの取り崩し
前四半期期はTax Returnの戻り
でギリギリ最終益を確保してました。

しかし残念。今期はまたも大幅赤字転落です

(ここまで言うと、どこのことかバレバレですが)

外資証券は全てがエリート、というわけでは決してないということです。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

税理士登録申請

少し前のことになりますが、税理士登録の申請をしに東京税理士会館@千駄ヶ谷に行きました。

・所属予定支部(麹町)の面接調査が2/16
・(無事その後書類審査等で問題がなければ)3/30に記念撮影&研修

という流れだそうです。

日程は向こうからの申し出で決められました
(勿論、交渉の余地なし)

ビジー中の面接、研修、そして記念撮影。
なかなか楽しいことになりそうです♪苦笑


ちなみに税理士会館は結構新しくってきれいでした。


Ts2d0086

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

【税制改正】 証券税制、少額上場株式等投資のための非課税措置


こんにちは。
税金おじさんほーむずです。

今日は証券税制に関するトピック。
2010年度税制改正で織り込まれる、少額上場株式等投資のための非課税措置についてです。

少額上場株式等投資のための非課税措置(「日本版ISA」)は、上場株式や上場投資信託(FTF)などへ投資から生ずる配当や譲渡益を一定要件のもとで非課税とするものです。
現行の上場株式等に係る配当所得、譲渡所得の軽減税率10%が20%の本則税率に戻る2012年1月1日から導入予定とされています。

なお、日本版ISAの対象となるのは2012年~2014年までの3年間に投資した分で、年間の新規投資額100万円(3年間で300万円)以下の投資から生ずる配当や譲渡益を最長10年間にわたり非課税とするもの。
非課税措置を受けるためには、証券会社などに新たに非課税口座を開設する必要があります。20歳以上の個人1人につき年間1口座(毎年異なる金融機関に口座を開設できる)しか開設できないとされています。

、、、
そういえば、昔も似たような税制がありましたよね。
そう、ITバブルがはじけた際に株価対策として租税特別措置で打ち出された規定。

「2001年11月30日~2002年末の13ヶ月間に購入した株式購入合計額が1000万円に達するまでの株式を2005年~2007年に売却した場合、その売却益(譲渡益)は非課税とする」っていう恐ろしい規定です。

経済界の反発にあって伸び伸びで生き延びてきた株式等の譲渡に係る軽減税率10%の規定ですが、
ISAの抱き合わせにすることで、お上はいよいよ本則税率への復帰を目論んでいるのかもしれませんね♪


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年1月19日 (火)

ポーター賞発表

土曜日の日経36面で2009年の「ポーター賞」の受賞企業が紹介されていました。

http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20091210AT1D1006Z10122009.html


今年の受賞企業はプロパティデータバンク、ポイント、青山フラワーマーケット、そしてユニクロの4社。
このうち私が注目したのは青山フラワーマーケットでした。

受賞に関連して私が思い起こしたのが、以前日経MJに掲げられていた青山さんの特徴的な7つの「ない」というポリシー。

①売り切る努力をそがれるので冷蔵庫は置かない
②大口発注や葬式用の花を扱わず、個人のデイリーなお花の需要に特化(ものすごいことです!)
③広告をしない。一等地に出店して店舗をショールーム、
口コミを志向する。
④本社で店舗スタッフの採用権を持たない。
スタッフは店長が面接して採用、以後は試験と立候補で登用していく。
⑤本社がまとめて発注しない。需要は店舗ごとに違うので、
各店舗の判断で発注をかける。
⑥売上ノルマはない。各店舗が目標設定する。
他店との比較データは日々公開されている。
⑦職務分掌がない。社長が一番下、顧客が一番上の逆三角形の図だけ。

というものでした。

受賞記事にも「個人の日常使い」の花に特化し、1個35000円の胡蝶蘭を届けるといったことはやらない

とありましたが、
平均購入額が1500円のマーケットに絞り込んでしまうというのはなかなかの度胸がないとできません。

(この単価は、業界平均の3分の1程度だそう。ちなみに、日常使いに特化していることの裏返しでもありますが、商品廃棄率3%という低さでした!!)

店舗が現在65店、売上が09年12月期で約40億ですから、
1店舗あたり約6000万円。

6000万円÷365日÷単価1500円とすると、
1日あたり110の家庭にお花を届けていることになるのですね~。


ポーター賞のページについてはこちらからどうぞ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月)

サヨナライツカ


こんにちは。
税理士おじさんほーむずです。

今日は映画のご紹介。

週末に『サヨナライツカ』の試写会に行ってまいりました。

原作は『冷静と情熱の間』で有名な辻仁成さん。
キャスティングには12年ぶりに主演を務められる中山美穂さんほか、石田ゆり子さん、西嶋秀俊さんなど。

中山美穂さんの華麗な衣装と表情もさることながら、
映画のタイトルにもなっている詩がとっても共感的なものでしたので、少し引用させていただきます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
サヨナライツカ

いつも人はサヨナラを用意して生きなければならない
孤独はもっとも裏切ることのない友人の一人だと思うほうがよい
愛に怯える前に、傘を買っておく必要がある
どんなに愛されても幸福を信じてはならない
どんなに愛しても決して愛しすぎてはならない
愛なんか季節のようなもの
ただ巡って人生を彩りあきさせないだけのもの
愛なんて口にした瞬間、消えてしまう氷のカケラ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

少し人の暗部にスポットを当て過ぎた詩かな、とも思いますが、
でもこれも、きっとひとつの愛の真実。

『サヨナライツカ』
来週1.23(土)よりロードショースタート。
おススメです。

映画詳細はこちらからどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金)

お酒

こんにちは。
税金おじさんほーむずです。


今日は忙しくてブログ記事を綴る余裕がございません。


で、せっかくですからこんなときを使って
年始にお世話になったお酒達をアップ

八海山の大吟醸と、八海山の2009年冬季限定生原酒

どちらもワインのようなフルーティな味わいでした。

Sake








さっ、仕事に戻りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木)

[税制改正] 生命保険料控除


こんにちは。
税金おじさんほーむずです。

本日のトピックは、平成22年度税制改正大綱の解説+オマケです。

所得税の生命保険料控除が、平成24年(2012年)の契約分から変わります。

現行は、生命保険料を2分類(一般分、年金分)し、各5万円ずつ合計10万円が控除限度額(国税分のみの枠)となっていますが、
これを新たに介護医療保障保険の分類を加えて3分類にし、各4万円ずつ合計12万円まで控除できるように変更がなされます。
現行の所得税制では介護医療保険、傷害保険も一般分に分類されていましたが、そこから介護医療保険だけが別枠で取れるようになるイメージです。

ちなみに年金分の生命保険料について、取り扱いを民間と公的保険で整理してみましょう。


[国民年金保険]
公的な年金保険の代表例は、皆さんよくご存知の通り、保険料不払いの問題で荒れに荒れている「国民年金保険」ですね。
(そういえば、長妻さんは厚生労働大臣に就任以来、急にトーンダウンしましたね)
取り扱いは以下のようになります。

・保険料は、支払った年に「社会保険料控除」として全額が控除の対象となりますね。
・受給要件(掛金期間が25年以上など)を満たした場合にもらえる年金からは、一定の算式で計算した公的年金等控除額が控除されます。
(公的年金等控除額の詳細こちらをご参照ください)

公的年金等の収入金額 - 公的年金等控除額 = 差引金額 が雑所得課税の対象となるわけです。


[民間の年金保険]
民間の年金保険(なお、所得税法上の「年金保険」に該当するかどうかは必ずご契約の保険証券等で内容をご確認ください)の場合の取り扱いは以下のようになります

・保険料は、支払った年には控除されず、一定金額の生命保険料控除額が所得控除として総所得金額から控除されます。
(この控除額が、22年の税制改正の対象になっているわけですねー。)
・受給要件(満期を迎えたことなど)を満たした場合にもらえる年金からは、下記算式で計算した必要経費が差し引かれます。

必要経費 = 年金受取年額 x  払込保険料の合計額 
                   年金の総支給見込額


[おトクなのはどっち?]
さて、では民間の保険と公的年金保険、どちらが得でしょう?

民間の年金保険の必要経費算出式を見ていただければ判るとおり、最終的な必要経費総額は「払込保険料の合計額」で打ち止めになることが判ります。
言いかえれば、公的と民間で年度、差し引く形態(前者は所得控除として、後者は必要経費として)は違いこそすれ、保険料はその全額が控除対象となるのです。

つまり比べるべきは、「生命保険料控除額」と「公的年金等控除額」ということになります。
これは勿論、後者の方が断然有利ですよねーー。

新聞のよく生命保険料控除の拡充を求める意見広告が出るわけです。
税制面ではとても公的保険に敵いませんから。

あ、あくまで税制面では、のお話ですよ。はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

『孤独の歌声』

こんにちは。
税金おじさんホームズです。


今日紹介するのは天童荒太の著書『孤独の歌声』

彼の作品は、家族の愛情、人間の尊厳をテーマに心の根っこを揺さぶられる心理描写が特徴。

村上春樹を抽象的・形而上学的な描写で気付きをもたらす作家とするならば、

天童荒太は本当にストレートに読み手に挑んできます

「人間だもの。心あるもの、気持ちあるもの、なんだって思うよ。どんな醜いことだって、ひどいこと、いやらしいこと、汚いこと、思うのは仕方ないよ……。」

「……あるの。そういうの、思ったこと……」

「……あるわよ」

「悔やんでる?」

「……悔やんでるよ」

「ひきずる?」

「……ひきずってるよ」

「これからも?」

「……わからない…たぶん、これからもときどきは……」

「そう……でも、きれいだよな笑顔」

「なによ、それ」

「そういうことあっても……悔やんでても、ひきずってても、きれいに笑えるんだな。そうでなきゃな……そういうとこ、なきゃな……」


ありますよ。

引きずっていること。

いっぱいとは言いませんけれど……

一度体験したものは、思い出さないことは出来ても、捨て去ることは出来ないから。

例えそれがいい思い出でなくても、それは、いまの自分を形作る経験の一部には変わりないから。

だからこそ、引きずってても、きれいに笑える、強さ、が欲しい。

そして、それを繰り返さないため、繰り返させないためにも、
成長を止めずに進んで行かなればいけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

忘年会費は交際費となるか?②


おはようございます

さて、
本日のお題は昨日の持ち越しになっていた

忘年会費は交際費となるか

についてです


回答;
忘年会費は福利厚生費に該当するものとして取り扱って差し支えないと考えられます


理由
特定の使用人等を対象としたものでなく、役員及び使用人全員を対象としているレクリエーションであれば、
通常認められる費用については、
福利厚生費として認められると考えられます。
今回の忘年会は社会通念上一般的に行われている社内行事ですし、
金額についても、実際の発生顎7,500円のうち3,500円を個人負担としていることから、
会社負担の4,000円については、福利厚生費として処理して差し支えないと考えます


ただし、第61-4④に「前項の規定は、財務省令で定める書類を保存している場合に限り、適用する」とあることから、この忘年会費等に係る領収証、参加者リスト等が判る書類を保存しておくように気をつけてくださいね!

今日が終わると3連休。
休みボケの強制スタートで疲れ切った頭には
いいインターバルですね

残り一日、頑張りましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

忘年会費は交際費となるか?①

みなさんこんにちは。
税金おじさんほーむずです。

皆さんの会社は年内いつまでお仕事でしたでしょうか?
私のところは28日締め、5日始まりだったのですが、
仕事納めor仕事始めに合わせて部署や法人全体で忘年会or新年会に、なんてことも多いと思います。

さて今日はそんな忘年会等に関連するお話です

クライアントからこんな質問がありました

質問;
当社はこのほど従業員全体を対象とした忘年会を開くことになりました。
忘年会の会費はコース代金7,500円を見込んでおり、このうち3,500円を個人負担としている見込みです。
従って、差額の4,000円が当社負担となります。

ところで租税特別措置法第六十一条の四「交際費の損金不算入」の項目では
「法人が支出する交際費等の額は、当該事業年度の所得の金額の計算上、損金の額に算入しない」とし、
 
交際費から除かれる金額として
「飲食その他これに類する行為のために要する費用であつて、その支出する金額を基礎として政令で定めるところにより計算した金額(=5千円)が政令で定める金額以下の費用」
を規定しています。

但し、このいわゆる少額飲食費からは
「専ら当該法人の役員若しくは従業員等に対する接待等のために支出するもの」が除かれていることから
当社が負担する一人当たり4,000円は少額の飲食費等に当たらず、その全額を交際費として損金不算入の対象にしなければなりませんか?

それとも「福利厚生費」として損金算入できますか?


さて皆さんはどう思われますか?
回答は明日upしたいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

[備忘]1月の税務スケジュール

こんにちは

税金おじさん ほーむずです
本日は1月分の経理・税務の仕事の一覧をアップします


[2010年01月のお仕事]

・1月12日 ⇒ 源泉所得税(12月分・特例適用者7~12月分) ・住民税特別徴収分(12月分)の納付
・1月20日 ⇒ 源泉所得税の納付(納期限の特例届出書を提出した納特適用者7~12月分)
・1月29日 ⇒ 源泉徴収票の交付
⇒ 給与所得者の扶養控除等申告書の提出
※年明け最初の給与支払日の前日まで
⇒ 個人の県民税・市町村民税の納付(第4期分)
※市町村の条例で定める日まで
・2月1日 ⇒ 固定資産税の償却資産に関する申告
⇒ 各種法定調書・支払調書の提出と支払先への送付

さて、経理・税務関連で働かれている方たちは、これから繁忙期に入られる方も多いと思います
(自分もそうです)

お互い体調管理に気をつけて、長いビジーに精を出しましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

書損じハガキ回収キャンペーンへのご協力呼びかけ

みなさんこんにちは。
税金おじさん ほーむずです

さて、新年一発目の話題は税制とも会計とも無縁な、
税金おじさんのライフワークに関するお話。

その昔、学生時代にボランティアとして参加していたNGOが主催するキャンペーンへの応募依頼です


イベントの名前は、 「書損じハガキ回収キャンペーン」
以下のような物品で、不要なものがございましたら下記までご送付ください。

特定非営利活動法人『ハンガー・フリー・ワールド』を通じて
途上国支援のために役立てられます。

=========================
送付先
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル7階
特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド 回収係
=========================


【募集している物品の一覧】

書損じ、未使用ハガキ(官製はがき) 
未使用切手 ※使用済み(消印が押されたもの)は集めていません。
商品券
外国紙幣 ※外国硬貨は集めていません。
使用済み、未使用テレホンカード ※枚数を数えなくて結構です。
使用済み、未使用プリペイドカード ※枚数を数えなくて結構です。
中古音楽CD ※シングルCD、サンプルCDは集めていません。
中古ゲームソフト
中古DVD
中古レコード ※輸入盤、もしくはJAZZのみ。
使用済みディズニーリゾートパスポート
ダイヤ・金・銀・プラチナ製貴金属 ※石・真珠付・一部分・破損品も可

活動に関する疑問は私宛にメールを送っていただくか、
こちらからHFWのウェブページをご覧ください。


期限は2010年5月31日まで。
期間中は右側の告知欄でもバナーリンクを貼らせていただきます。


皆様、応援宜しくお願いします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

新年明けましておめでとうございます。

皆様

新年明けましておめでとうございます

昨年12月に税理士試験の合格を機に開設させて頂いたこのブログ、
今年はできる限り、コンテンツを充実させていきたいと考えています


ブログ内容は明日か明後日くらいから稼働予定
今日は元旦よろしく呑んだくれ・食い倒れで使い物になりませぬsweat01


本年もどうぞよろしくお願い致します


2010年元旦pen

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »