トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月28日 (月)

『税理士ビジネスで成功するための営業術』

こんにちは、税金おじさんほーむずです

今日は『税理士ビジネスで成功するための営業術』をご紹介します

この本は私が通っていた資格予備校TACの合格祝賀会で頂いたもの

合格記念の一環にと今年の税理士合格者の方に無料で配られたものなのですが、これがなかなか面白かったです


税理士をビジネスとして考えるにあたり

①マーケットがどの程度あるか?

②自分の投下可能資本(時間や精力)がどの程度で、売上はどの程度必要か。
どういったお客様がどの程度が獲得できれば、"割"にあったビジネスが展開できるか?

③税理士ビジネスを成り立たせるためのマーケティング方法とは?

に主眼を置いて、自分のような税務畑の新参者にも判りやすい言葉で解説がされています


自分は今まで
・企業内税理士(勤務/補助税理士にあらず)
・副業としての肩書税理士
としての道しか考えていませんでしたので、

独立税理士、中でもこの業がビジネスとして成り立つかといった視点から著されたこの本は大変興味深く読ませて頂きました

独立税理士の主たる顧客たる中小企業の新規開業数など、マーケット環境のところはを数字とともにもう少し解説が欲しかったですが、

見込み顧客へのリーフレットの参考例や契約書雛型が添付されていたりと、かゆいところに手が届く業界本としては稀有なものだと感じました♪

機会があればぜひ手にお取りください

amazonへはこちらからどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

デリバティブ取引~みなし決済時の「時価」って?~(後半)

さて、一日間が空いてしまいましたが
今日はデリバティブ取引のお話の続き。


前回、売上取引から生じた外貨建債権について為替予約
(デリバティブ取引)を行った場合で、
帳簿要件を満たしていない場合には期末により時価で決済したものとみなす、という法法61-5の規定が適用されるというお話をしました。

そして、具体的には、予約締結日の各決済日ごとのFRと、
事業年度終了時の各決済日ごとのFRとの差額を「デリバティブ取引未決済損益計上漏れ」として加減算することとなるといいました。


ではなぜそうなるのでしょうか?

キーワードは「貨幣の時間価値」と「裁定取引」です

①いま仮に、一ドル100円の為替が付いていたとします。
円金利は0%、ドル金利はわかりやすいように10%とします

②次にこの100円の一年間の運用を考えます。(これも単純化のため、運用コストは考えません)

以下の2案を考えます。
なお、円の運用ですから、一年後の運用終了時には必ず円通貨に戻さなければいけません。

A案:円のまま保有
B案:100円をドル(=1ドル)に変えて、ドルで運用する

③一年後のキャッシュがどうなるか?
A案の場合:100円のまま
B案の場合:$1 x 1.1 = $1.1
となります。

④一年後に円転することを前提にした場合、
ドル運用の場合は、
現時点で円の先物買予約を入れる必要があります。

ここで登場するのが、FRです。

この場合、A案とB案の投資案は同じ経済価値を持つ必要があるので、
現時点でのFRは100/$1.1 = 90.9円となるはずです。
逆にFRも100円であれば、みんなドルに投資する(円を売ってドルを買う)需要が起こって、
円安ドル高の動き(裁定取引)が起こるはずです。

以上のことから、現在のFRは、金利水準に左右されて決まることがわかります。

ところで、法法61-5では、「事業年度終了の時において決済されていないものがあるときは、
当該時点において決済したものとみなして~」と規定されています。

ではこの場合に比較すべき価格は何か?

当然、決済できる価格ですから、為替予約の「事業年度終了時の時価」となります。

事業年度終了時の先物予約の時価って??
それは、期末におけるFRです。

上の例でいえば、
$1 x 1..05 (=10% x 6 / 12) = $1.05
100円 / $1.05 = 95.23円
が半年後における、一年後決済のFR(現実値ではなく、現在における理論値)です。

半年後を満期にした円投資と外貨投資の経済価値をイコールにするための為替相場ってことです。

上の例が示すとおり、FRは金利水準の差と、満期までの期間によって左右されることになります。
(逆に、究極的にいえば、当然一年後のほんの少し前、例えば一日前の一年後決済日のFRは100円に限りなく近くなります。
今日の百円が明日200円になったら、詐欺だ!!!って思うのと同じことです)

ここまで長々と書いてきましたが、

結論的には同僚に
・もし経理上何も処理をしていないならば、デリバティブとして扱う
・その場合は、約定時FRと期末時FRの差額を、
それぞれの決済日ごとに益金または損金として計上する
という回答をしました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

平成22年度税制改正大綱(案)が発表されました

平成22年度税制改正大綱(案)がでました

http://www.cao.go.jp/zei-cho/etc/pdf/211222taikou.pdf

こちらはヤフーの関連記事です


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091222-00000028-maip-pol


子供手当と扶養控除縮減関連以外では

消費者にとって一番の関心事はたばこ税引き上げでしょうか?

卸売価格が一箱300円⇒400円程度に値上がりするそうです
業界からは増税を嘆く声が

しかしその一方で「日本禁煙学会」のように一箱1000円にすべき、
という声もあるようです。


http://www.nosmoke55.jp/

ちなみに欧米先進国ではたばこ一箱は700~800円
イギリスではパブでも全面禁煙の店が多くあります。

麻薬よりも規制が厳しい国も

麻薬は個人で使用する分には自分の健康を害するだけですが、
たばこは周囲にも害を与えるというのがその理由だそうです

いかにも個人主義的な発想だナァとは思いますが、
日本も欧米並みに引き上げるのは当然の流れでは?と思うのは私だけでしょうか


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

デリバティブ取引~みなし決済時の「時価」って?~(前半)

さて、今日は少し税務・金融の専門的な話題

先日会社の同僚から質問を受けた、
デリバティブ取引のみなし決済の適用関係についての質問です


質問:
○○株式会社は海外に対する売上取引から生じた外貨建債権を有しており、
当該債権の為替の変動から生ずる恐れのある損失をヘッジするため、△△銀行と為替予約を結んでいます。

ただし、帳簿要件を満たしていないため、
法法61-6①に規定する繰延ヘッジの適用を取ることはできないものと解されます。

この場合、法法61-5①に規定するみなし決済の規定を適用することになりますが、
具体的にはこの為替予約の益金・損金をどのように計算すればよいでしょうか?


自分の回答:
予約締結日の各決済日ごとのFRと、事業年度終了時の各決済日ごとのFRとの差額を
「デリバティブ取引未決済損益計上漏れ」として加減算

ではなぜそうなるのでしょうか?
キーワードは「貨幣の時間価値」と「裁定取引」です。


詳細は明日のブログでアップいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

『錦繍』

この週末は久し振りに
私の大好きな著書のひとつ、『錦繍』を手に取りました

宮本輝さんは死を見つめ、生へ導く方

文体はとても柔らかですが、
扱うテーマは一貫してして、死。そして生。


そんな大きなテーマを根底に著しつつも、

読み進めるうち自分が抱える悩みや考えに、
鳥瞰的・客観的な視点を与えてくださる
稀有な作家さんだと私は思います

、、、
『錦繍』はかつて夫婦の仲であった男女の物語

その2人の思いが書簡体で綴られる作品

携帯電話やメイルが普及した近年にはおおよそ考えられない、
そしてだからこそ、新鮮な趣のある小説です

機会があればぜひ手にお取りください

amazonへはこちらからどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

自分でポートフォリオを組みかえられる投信

自分でポートフォリオを組みかえられる投信があるの、
ご存知でしたか?


その名は「スゴ6」

この投資信託は
日本株式、日本債券、日本リート、世界株式、世界債券、世界リート
の組み合わせ投資信託でなんですが、、、

これがすごいのは、ポートフォリオを自分の方針に合わせて変えられるところ。
例えばより積極的に運用を行いたい人は

日本債券を10%
日本株式を30%

というように、
自分である程度運用比率をコントロールできるんです

設定日が2008年1月9日ですから
約2年前に販売開始がされてたんですね

おじさんなので、世の中の動きについていくのもやっとなんですsweat01


、、、、さてと

そろそろ年末。
私も自分のポートフォリオの見直しをする季節です

あと5%くらい、日経があがってくれると嬉しいんですが。。


ファンド詳細はこちらからどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

[備忘]12月の税務スケジュール

こんにちは

税金おじさん ほーむずです

少し後付けになってしまいましたが、
12月分の経理・税務の仕事の一覧をアップします


[[経理・税務のお仕事]]
・12月10日 ⇒ 源泉所得税の納付(11月分)

・12月21日 ⇒ 7月~12月分源泉所得税の納期限の
            特例届出書の提出
        ⇒ 固定資産税(都市計画税)の第3期分納付
            (市町村の条例で定める日まで)
        ⇒ 給与所得者の保険料控除申告書、
            住宅借入金等特別控除申告書類の受理
     
・12月24日(※2009年最後の給与支払日の前日まで)
        ⇒ 給与所得の年末調整
・12月25日(※2009年最後の給与支払日)
        ⇒ 年末期限の届出提出物を確認


テレビ番組等で「年内はこれが最後の放送です」といったコメントが
聞かれるようになると、年の瀬が迫ってきたナァ、
なんて感じるのは税金おじさんだけでしょうか?

ま、とは言っても年の瀬 = 新年の繁忙期に向けたカウントダウン、
でもあるわけですね

そろそろ体調管理には気をつけていかないと行けません
じゃ呑み行くなよ、っていう突っ込みは、
謹んでお断りしますが 笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

小さな、でもとっても嬉しい贈り物

先日合格発表後の週末のこと

通いつけの歯医者さんに通院がてら、
お世話になっている院長先生に試験合格の報告をさせていただいたところ、
こんなものをいただきました

些細な贈り物でしたが、
自分の努力が同じ士業の大先輩から認められた瞬間。

記念と、そして感謝の気持ちを忘れないためのアップです


Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

ブログを開設することにしました!

はじめまして、ほーむずといいます。
税理士試験の合格者(平成21年度、第59回にて)です。


外資系の証券会社でコントローラーとして勤務後、
現在は東京都内の税理士法人に勤務。


メインの業務は法人税・消費税の申告。プラス、たまにExpats(非居住者)の申告を担当しています。

税理士試験合格を機に、私個人の情報発信源の場としてブログを開設してみることにしました。

主に税制の最新ニュースのフォローと税制/会計基準の解説が目的。
その他、日ごとの出来事をアップする予定。個人的に好きな著書の紹介とか、時事ネタ、ビジネスネタなど。

自分の知識の整理、プラス、「王様の耳はロバの耳」的な、
普段は口に出せないコアな話題もアップしていく予定です。


※このブログでは相互リンクを募集しています※

サイト名:~
URL:~

↑このようにコメント欄に書き込んでくださいましたら
すぐリンクに追加させていただきます。

(アダルト系・おこづかい・アフィリエイト系のブログはお断りさせていただくこともあります。)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2010年1月 »